髪は女の命!綺麗な髪の毛を保つために心がけたいこと3選

髪の毛の洗い方、間違っていませんか?

毎日のように行うシャンプーですが、間違った洗い方をしていては髪の毛を傷めてしまいます。髪を洗う際、汚れを落としたいと思って手で髪をこすり洗いしていないでしょうか?こすって摩擦が起きると、髪を守るキューティクルが剥がれてしまい、髪にダメージを与えてしまいます。また刺激の強いシャンプーを使うのもよくありません。シャンプーはできれば天然成分でお肌にも優しいものを選びましょう。アミノ酸系のものなら安心ですね。そして髪を洗うときのお湯の温度にも気を付けましょう。熱湯はタブー。だいたい37度くらいの温度を意識して洗いましょう。

洗った後が肝心。自然乾燥はやめましょう。

髪の毛は洗ったあと、濡れたままでいるとキューティクルが落ちやすくなって乾燥を招いてしまいます。早いうちにサッとドライヤーで乾かすことが大切です。暑い夏、ドライヤーをかけるのも億劫なものですよね。でも面倒くさがらないで。自然乾燥は髪の毛に大きなダメージを与えてしまうのでよくありません。ましてや濡れたまま寝てしまうなんて、恐ろしいことなのです。サラサラでつやのある髪の毛を維持するためには、少しくらい面倒くさくても我慢して、しっかりとドライヤーで乾かしましょう。

健やかな髪のためには食生活も気を付けて。

良いシャンプーを使ってトリートメントでケアしていても、毎日の食生活が乱れていては美しいヘアにはなれません。食事によって髪の毛に必要な栄養成分をしっかりと補給することを心がけましょう。健やかで美しい髪のために良いとされる成分には、アミノ酸やたんぱく質、イソフラボンやフコイダンなどが挙げられます。大豆製品や豆乳を積極的に食べましょう。フコイダンは昆布やわかめなどの海藻類に含まれています。野菜や肉、魚などバランス良く食べることが大切ですね。

品川美容外科の告訴まとめサイト